<   2014年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧



校外イベントのラスト、
目的地は福岡市海釣り公園です。



ワクワク、ドキドキですね。045.gif


初心者定番のしかけ、サビキ釣りでアジゴ狙い!



ライフジャケット装着、竿としかけとエサを持って、いざポイントへ!
e0114015_23591956.jpg
e0114015_23593278.jpg


レクチャーを受けます
e0114015_23595039.jpg


一投目!
e0114015_003321.jpg
e0114015_01229.jpg


トラブル発生
e0114015_005192.jpg


ひたすら待つ...
e0114015_0315112.jpg


よしっ!釣れた!
e0114015_032758.jpg



001.gifイキイキとした子どもたちの表情、ご覧ください!

e0114015_0111731.jpg
e0114015_0113172.jpg
e0114015_0114382.jpg
e0114015_0115725.jpg
e0114015_0121436.jpg
e0114015_0122687.jpg
e0114015_0123584.jpg
e0114015_0124493.jpg
e0114015_0125225.jpg
e0114015_0132100.jpg
e0114015_0131159.jpg
e0114015_0132341.jpg
e0114015_033616.jpg


全員、少なくとも1匹は釣れました(^^;


たくさん釣った子で30匹ぐらいでしたね。
アジゴ、メバル、カマス、タイゴなど、それにフグ多数(笑)



今夏の校外イベントも大成功!003.gif



[PR]
by ch-imai | 2014-07-31 23:04 | ちくしんドキュメント | Comments(2)


昨日に引き続き、校外イベントの写真です。006.gif


伊都キャンパスからバスで15分、
福岡県水産海洋技術センターに到着!


まずは、スライドを見ながら水産業の勉強、その後、大部屋に移動して、約20分間のチリモン実習!コレ、大人も夢中になります(^^;

e0114015_21485490.jpg
e0114015_2149697.jpg
e0114015_21491562.jpg
e0114015_21492959.jpg
e0114015_21494243.jpg
e0114015_2150863.jpg
e0114015_21495316.jpg
     

各自、気に入ったチリメンモンスターを標本化して持ち帰ってます。



さて、水産海洋技術センターを後にして、
糸島の内海沿いの道を北上すること、およそ15分、

14時50分、予定どおり、福岡市海釣り公園に到着。




この続きは、また後で!044.gif



[PR]
by ch-imai | 2014-07-31 22:14 | ちくしんドキュメント | Comments(0)


取り急ぎ、今日のイベント、九大伊都キャンパスの分だけ、スナップ写真の整理が終わりました!時系列に並べてますので、どうぞご覧ください。

(記念写真は、この記事の下にあります)



001.gif2014年7月30日(金) 夏の小学部校外イベント(糸島方面)

9時、朝倉街道出発!
e0114015_22482730.jpg


10時、エネルギーと水素に関する講義(伊都キャンパス・ビッグオレンジ)
e0114015_22484068.jpg
e0114015_22485493.jpg


世界に誇る水素ステーション見学
e0114015_2249926.jpg
e0114015_22492244.jpg


伊都図書館に移動
e0114015_2249463.jpg
e0114015_22495870.jpg


自動書庫に驚き!
e0114015_22503012.jpg


センターゾーンを歩いて移動、椎木講堂へ
e0114015_22504345.jpg
e0114015_2251540.jpg
e0114015_22511596.jpg
e0114015_22513476.jpg


学食にてお昼ご飯(ランチで大学生気分も味わう)
e0114015_225153100.jpg


ちくしん卒塾生と再会!
e0114015_22521264.jpg


九大生と語る小学生(笑)
e0114015_22525234.jpg


小学生は九大の凄さがいまいち理解できてないようです(^^;
e0114015_2253924.jpg



13時10分、九大を後にしました。
2つ目の目的地、福岡県海洋技術水産センターに向かいます。



今日は、これで時間切れです。

(というかエネルギー切れ(-_-;)




続きの写真は、明日ということで! 
(明日は、小学生含めて、全学年の授業ありますよ~)





はよ帰ってビール飲みたい(笑)068.gif

では、お疲れ様でした。



[PR]
by ch-imai | 2014-07-30 22:53 | ちくしんドキュメント | Comments(0)


今頃、お家でアジの唐揚げ食べながら、
お土産話で盛り上がってる頃でしょう(^^;


「よく遊び、よく学べ!」を満喫した一日になりました。004.gif


060.gif全員で撮った記念写真だけ、先にアップしておきますね! 
e0114015_20593319.jpg




とにかく、みんな無事に帰ってきたことが何よりです。


大きな一日を終え、肩の荷が下りました。
正直、ホッとしてます。



今回、ご協力いただきました九大伊都キャンパスの皆様、水産海洋センターの皆様、福岡市海釣り公園スタッフの皆様、那珂川観光バスの運転手さん、そして、助っ人に来てくれた九大生、さらには一日指南役を買って出てくださった西さん(釣りの師匠(^^;)、みなさまのご協力のおかげで、スケジュールどおり、濃密で楽しい一日を子どもたちと楽しむことができました。本当にありがとうございました。






それにしても、今日は暑かった...058.gif




追記:動画2つアップしました!

九大伊都キャンパスの講義の様子とチリモン実習です。

ちくしん喋ログ.Tv 
http://www.chikushin-smile.jp/shabelog/index.html



[PR]
by ch-imai | 2014-07-30 20:51 | ちくしんドキュメント | Comments(6)

e0114015_23432149.jpg


◆昨年2013年、夏の特別イベント授業(らんま先生)
http://chikushin.exblog.jp/20957898/

◆2012年、夏の特別イベント授業(柳田理科雄先生)
http://chikushin.exblog.jp/18719162/


◆ちくしん公式サイト(更新情報)
http://www.chikushin-smile.jp/news/index.html#1406594653



[PR]
by ch-imai | 2014-07-29 23:42 | ちくしんドキュメント | Comments(0)

◆いよいよ明日!


お天気、大丈夫そうですね。


小学生49名参加予定!(引率先生7名)
お楽しみの校外イベント、糸島でたっぷり遊んできます。



7月30日(水)スケジュール

9:00  朝倉街道出発
10:00 九大伊都キャンパス(水素)
13:30 水産海洋センター(チリモン)
15:00 福岡市海釣り公園(サビキ釣り)
18:20 朝倉街道にて解散


卒塾生の九大生で時間ある人は、助っ人よろしく!


子どもたちがはしゃぎ過ぎないように、目を光らせておきます...009.gif


では、今日は早めに帰って、
クーラーボックスと釣りの準備っと。




お疲れ様でした。



001.gifちくしん夏の小学部校外イベント(過去3年分) 

◆昨年2013年、夏の校外イベント(大分・日田方面)
http://chikushin.exblog.jp/20873183/

◆2012年、夏の校外イベント(福岡・北九州方面)
http://chikushin.exblog.jp/18538823/

◆2011年、夏の校外イベント(佐賀・呼子方面)
http://chikushin.exblog.jp/15196079/




[PR]
by ch-imai | 2014-07-29 23:06 | ちくしんドキュメント | Comments(0)


夏期講習、本日から全学年授業スタート!058.gif


今日の私の担当授業は、
午前3コマ+午後5コマ+夜3コマ、合計11コマ授業...

(その合い間に高校生の受講相談やら業者さんとの電話やらで)




壮絶な一日でした(-_-;;
12時間喋りっぱなしで、さすがにギブアップ寸前(笑)


やってるときは楽しいんですけどね、もう、ヘトヘト...042.gif  




明日も100%全力投球!飛ばしていきます!



それでは。



[PR]
by ch-imai | 2014-07-28 23:01 | ちくしんドキュメント | Comments(0)



高校生のご相談が増えてきましたので、今日は「高等部」のお話を!



009.gifちくしん高等部は4本柱です。

◆英・数ライブ(生授業) 
◆BBY(ブロードバンド予備校) 
◆個別指導 
◆ネイティブイングリッシュ 



また、高校生専用の自習室を完備し、自学環境を整えています。

いつでも何時間でも使い放題、毎日使えます。






今日は特に質問が多く出るBBYのお話をしておきます。


BBYブロードバンド予備校のネット配信授業は、全国で活躍中の実力派講師の授業が地方でも受講できるシステムです。主に、現役生が利用しやすく、要望に合わせて、教科、レベル、時間帯等、柔軟に対応できるのが魅力!全国各地に600ヶ所以上、ブロヨビ(BBY)は点在しています。


・・・というような、ありきたりな説明は要らないでしょう。


省きます。044.gif






ここでは、少し別の角度からBBYを捉えてみたいと思います。


ブロードバンド予備校の魅力のひとつは、
「本部からの命令、規制が少ない」という点です。
013.gif



例えば、受講料。

頂戴する金額の設定にシバリがありません。
システムを導入する側(こっちサイド)の裁量に委ねられています。

(だから、ちくしんのBBYは、低価格の月謝体系にできてるんです!)




これ、とっても大事です。

業界の人ならわかってもらえると思いますけど。




運営面に関して、

本部が内政干渉みたいなことをしてくると、
自塾のコンテンツとしてコントロールできなくなりますから。



適度な距離感を保ってくれること、これ、大事。 






8年前、第2教場を作ったとき、
数社と協議のうえ、結局、今の形に決まったのですが、

そのときの一番の決め手は、

「先生の塾に合うようにカスタマイズして使ってください!」

と大阪の社長をはじめ、
九州担当の方がおっしゃられたことでした。






ま、これくらいにしておきましょうか。


ここからが本題!




BBYの先生は、授業が上手!

さすがです。




収録の授業撮りは目の前に生徒がいない分、
やりにくさがあると思いますが、
それでも、画面を通して、熱いハートが伝わってきます。






さて、私、BBY全講座の体験授業をチェックしています。017.gif

(これは自分の勉強のためでもあるんですけどね!)


「この先生は、こんな感じの教え方だな」とか、
「こういうタイプの生徒に合いそうだ」とか、
「今年新登場のこの先生は、なかなかすごいぞ」とか、


ちょっと上から目線ですが(^^;

これをしておかないと、
高校生の受講相談に対処できませんので。





ですから、私、BBYの講座分析には自信あります!



そういうテストがあるなら、
真っ先に手を挙げるでしょう(笑)






029.gifでは、オススメ講座のご紹介!


例えば、高3生で英語の偏差値が55あたりの場合、


山本先生の入試実践英語がオススメです!
(そう!「我らが山本先生」と呼ばせてください)

前期で高校文法を総復習し、後期で長文読解という理想のパターン。

今から始めれば、年内には終わると思いますし、
速週可能ですので、ヤル気がある子なら10月末には終わります。

カッチリ教えてもらえます。

e0114015_2136919.jpg



偏差値50に届かないくらいの生徒さんは、
冨岡先生の基礎完成講座で文法のやり直しから!






ただ、やはり、先生と生徒との相性がありますから、
ダイジェスト版(無料体験授業)を受けて決めてもらってます。







BBY数学も個性豊かな講師陣で構成されています。


今年の場合、
数学と理科は、旧課程と新課程との違いがありますし、

理系といっても看護系や栄養系に進みたい子もいますし、
数Ⅲは?学校の進度状況は?みたいなことで、

ひとくくりに数学といっても結構バラつきがあります。



ですから、講座を決めていくときも、数学は難しいです。026.gif




大枠でいえば、

理系のセンスがある子は阿部先生がいいかな。
国立文系タイプは小田切先生かな。
ちょっと数学に苦手意識のある子は原田先生かな。


とかはありますが。

e0114015_21382632.jpge0114015_21384126.jpg










さらに、これまでの強力講師陣に加え、
この春、堂々、BBYメンバー入りのニューフェイス!



安松先生です。027.gif


センターレベル数ⅠA、オススメです。
安松ワールドに引き込まれます。

ぜひ体験してみてくださいね。

e0114015_21391942.jpg
 






この際、他の教科のオススメもご紹介しておきます。


e0114015_21393982.jpg能谷先生のボトムアップ現代文。

国語が苦手な男子に最適な講座です。

ボトムとパワーがありますが、
パワーは記述も多く、ハイレベルです。


現代文、大切な教科です。





社会科に関しては、

日本史は岡本先生の日本史総合が根強い人気です。

一方、世界史はベテランの神野先生派と、
若手の澤田先生派に評価が分かれますね。






最後に理科ですが、


まずは物理に関して。

重鎮の上田先生はあいかわらず人気がありますが、
昨年BBYデビューを果たされた中村先生もわかりやすい。


e0114015_21402628.jpg新課程のボトムアップ物理、人気です。


中村先生は小道具を使われるのでイメージしやすいです。苦手意識の強い子は、オススメです。

また、ちょっとした仕草や表現がおもしろくて、クスッと笑いがでます(笑)





化学は近藤先生と小川先生、
ベテランの先生の授業、安心感あります。



最後に生物ですが、生徒評価では可児先生が鉄板!





高校生のみなさん、参考にしてくださいね。017.gif





詳しくはBBY公式サイトをどうぞ。
ブロードバンド予備校 合格体験記ページ(ちくしん卒塾生)









最後に、高3に一言。

体育祭終わってからと考えてると出遅れますからね!





「今でしょ!」037.gif





長くなりました。

それでは。





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

e0114015_1955487.jpg◇ちくしの進学教室 公式ホームページ
◇喋ログ.TV ちくしんスタッフとその愉快な仲間たちが
本音を語る動画サイト。参加者希望者?随時受付中(笑)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
[PR]
by ch-imai | 2014-07-26 18:23 | ちくしんドキュメント | Comments(5)

◆今日、思ったこと



トーナメント戦の場合、



優勝チーム以外は全て、最後の試合は負けです。

(逆に言えば、「負けるまで終わらない」ということですね)



もうひとつ言えることは、


どんなに弱いチームでも負けるのは1回です。

負けるのは1回きり。
2回も3回も負けることはできません。



つまり、

トーナメントっていう方法は、


ある意味、「負け」という結果に対して、
平等に機会を与える仕組みになってるわけです。





e0114015_0585016.gif















009.gifちょっと話が逸れますが、


例えば、こんな問題があります。





100チームが出場したトーナメント戦!

では、1回戦から決勝戦まで、
いったい何試合あることになりますか?





みたいな問題、ご存知ですか。

算数の中学入試でも出ますよ~!






正解は・・・



もう、おわかりですね?






そうです!

正解は99試合です。017.gif





1試合で1チームずつ負けていくわけですから、

逆に考えれば、
最後まで負けないチームは優勝の1つだけ。


ということは、

100チーム中、99チームが負けるわけですから、
つまり、試合数は99試合!です。




解説でした(^^;








そういえば!013.gif


この前のサッカーW杯のとき、
オランダvsブラジルの3位決定戦の前々日あたりに、



「3位決定戦なんてしたくない!」



というようなことを、
監督さん(オランダ?)がコメントしたと話題になってましたよね。




「グループリーグを勝ち抜け、決勝トーナメントを勝ち上がってきたチームが、最後の最後に、2試合続けて負けて終わるなんてことは(つまり今回のブラジルのように4位となってしまうこと)屈辱的だし、それまでの健闘を全て打ち消してしまうほど、後味が悪い。3位決定戦なんてやりたくない・・・」


と、まぁ、こんな主旨だったと記憶してます。





妙に腑に落ちてですね、この話(^^;



確かに、

3位決定戦での勝者と敗者は、差が大きすぎる...


本当は両方ともすごいのに...
2連敗で幕を閉じるなんて残酷すぎる...




ね、そう思われませんか。026.gif







さてと。


快進撃を続けてきた筑紫高校野球部、


残念ながら東筑に敗れ、
ベスト4には届きませんでしたが、


公立でもやれる!

甲子園も夢じゃない!



それを見せつけてくれました。




夕方、街道のバスセンターの横を、筑紫の野球部員がいつもどおり元気に笑いながら帰っていく姿を見て、なんか少しほっとしました。マネージャー(卒塾生Aさん)もごくろうさま!今日までよく頑張りましたね。





引退...


もう二度と高校野球はできないという現実、

おそらく今頃、
心にぽっかり穴があいたようになってることでしょう。





・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・



二十数年前の夏、

高校野球を引退した日のことを思い出してました。



ベスト8をかけた一戦、
相手は甲子園常連校、東洋大姫路!


それが最後の試合となりました...


振り返ってみると、

今井章介という人間の個性の約30%は、
あの負けによって作られたのかも(笑)




それくらい悔しくて、情けなくて、でも、今となれば大切な思い出です。








おっと、

感傷に浸ってる場合じゃありません(^^;







ギラギラ夏期講習、明日も頑張ります!058.gif





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

e0114015_1955487.jpg◇ちくしの進学教室 公式ホームページ
◇喋ログ.TV ちくしんスタッフとその愉快な仲間たちが
本音を語る動画サイト。参加者希望者?随時受付中(笑)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
[PR]
by ch-imai | 2014-07-26 01:23 | imaism | Comments(0)

◆フォーマルな時間



中3受験生の三者面談ラッシュです。


学校も塾も面談がありますからね。
受験生も(ご家族も)大変なのはわかります。


今日、ある男子がボソッと言いました。


「針のムシロや..」と。
 

なかなか巧い表現だったので褒めてしまいました。037.gif





面談(をするの)は、私は好きですけどね、

学生時代を振り返ってみると、
確かに面談(を受けるの)は嫌だったような..




009.gif面談のように、かしこまった席を設けた「フォーマルな場」は、

ある意味、非日常といいますか、
逃げも隠れもできないといいますか、
言葉に重みが増すといいますか、

ま、そういった公式会見的な要素がありますよね。



ですから、

思いもよらぬ展開になることもあります。





さて、

どうして、こんな話をしているかといいますと、


昨日、中1の塾生と「面談」の席を設けました。


3時間の面談マラソンみたいになりましたが、
あと4名残してタイムアップ...(涙)



一人ひとり、きっちり話を聞きましたし、私の考えも伝えました。
(事情聴取のように怖いものではありません(^^;)



おそらく、彼ら彼女らにとって、
人生初めての「面談」という経験だったのではないでしょうか。




普段は元気な生徒がガチガチだったり、
普段はおとなしい子がテキパキ喋ったり、


「面談」というフォーマルな時間のおかげで、

それぞれの生徒の、また違う一面を垣間見たような気がします。045.gif




入学したばかりで何もかもが新鮮だった4月、
部活に入部し中学生活に慣れてきた5月、
体力的にもきつくなってきた6月、
そして、あっという間に7月、初めての通知表...



中1にとって、1学期はなかなか手強い。



そんな中、塾生たちは、

勉強と部活との両立、学校と塾との両立、

そして今回の通知表という結果も含めて、
よく頑張ったのではないかと思います。




面談では夏期講習の意味も伝えましたし、
2学期が大きな分岐点になることも話しました。


きっと伝わってると思います。045.gif


中1は、素直で頑張り屋さんが多い学年です。

これからも楽しく、鍛えていきますよー!





017.gif明日は中2の生徒面談をする予定です。


それぞれの結果と表情を見ながらの判断にはなりますが、

中2のこの時期は、中だるみ状態に陥りがちなので、
少し厳しめに話しておく方がいいのかなと思ってます。






最後に今日のご報告。

夏期講習3日目終了!順調に進んでいます。特に小5ONEと小6キャプテン、一気に雰囲気がよくなりました。今日も盛り上がりました。





お疲れ様でした。

それでは。001.gif





e0114015_23182980.jpg

追記:以前ブログに書いたような気がしますが、私、重松清の作品のストーリーが好きで、もちろん、このドラマも見てます。あすなろ伸学舎の先生方、生徒さん、見てますか(^^; 8月10日、勉強合宿で会いましょう!





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

e0114015_1955487.jpg◇ちくしの進学教室 公式ホームページ
◇喋ログ.TV ちくしんスタッフとその愉快な仲間たちが
本音を語る動画サイト。参加者希望者?随時受付中(笑)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
[PR]
by ch-imai | 2014-07-24 19:40 | ちくしんドキュメント | Comments(4)