◆龍馬伝を見て、思ったこと。

昨夜のNHK大河『龍馬伝』、見られましたか。001.gif

土佐藩主山内容堂の画策が功を奏し、一転、土佐勤王党はが窮地に追い込まれていく・・というところまで進みましたね。武市半平太、危うしです。

まっすぐに攘夷に突き進む武市と、その武市を潰しにかかる藩主容堂。土佐を脱藩した坂本龍馬、天誅人切りで知られる岡田以蔵、長州藩過激派先鋒の久坂玄瑞、そして開国派幕臣の勝海舟・・ と多彩な顔ぶれです。
たぶん再来週あたりが「8月18日の政変(攘夷派公家の七卿落ち)」になるのでしょうね。その後、禁門の変、土佐勤王党の終焉と武市の切腹と続くはず。このさき、西郷隆盛も出てくるでしょうし、新撰組も登場するかもしれませんよ。ますます楽しみな展開が待っていますので、生徒のみんなもぜひ見てくださいね。

幕末の流れや複雑な人物関係をとらえるには、もってこいですから!
龍馬伝公式サイト http://www9.nhk.or.jp/ryomaden/


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
034.gif閉塞感が漂う今の日本。

幕末を駆け抜けた龍馬のようなスーパーヒーローの登場を、現代を生きる私たちも、きっと心のどこかで期待しているでしょう。

龍馬人気は、国民世論によって下支えされている、そんな空気を感じます。
ただ、一方で、龍馬の功績については“過大評価だ”とする厳しい指摘もあります。確かに、後世の研究者や歴史小説家、あるいはマスコミにより、やや美化されすぎた面があるのも事実かもしれません。
しかしながら、それもまた、龍馬の生き方や人物像が自由で大胆で魅力的だったからに他ならない、と私は思います。

ま、それはさておき。
民主主義の手法が定着した現代社会においては、彼ら幕末の志士のようなタイプのヒーローは生まれないでしょうね。伝記を読んでワクワクするような歴史上の偉人は、もう、この世に出てこない..ちょっとさびしい気もしませんか。


100年後の教科書には、いったい誰が載ってるのでしょう?039.gif
ひょっとして、スポーツ選手ばっかりだったりして・・^^;
うーん、それはちょっと問題かもですね。

あ、でも私は、スーパーヒーロー政治家の登場を期待してるわけではありませんよ。
もしそうなったとしたら、逆にちょっと怖いな、と思います。

幕末の英雄は、やっぱりその時代だからこそ生まれたんですよね。


それでは、今日はこれで。
006.gif
[PR]
by ch-imai | 2010-05-10 19:26 | imaism