◆昨日の続き(^^; 小石原と宝珠山

一昨日の日曜日、夕方のお話。

筑紫野ICから高速に乗り、大分自動車道を東に向かって進んでいくと、
その前方上空は、いかにもアマグモー!057.gifという真っ黒な雲に覆われていました。

が、それでも強行突破!で、なんとか杷木ICに到着。

インターチェンジを下りたとこで雨が弱まるのを待ち、向かった先は「陶の里・小石原」です。

(と、このあたりまで、昨日のブログで書きました)


009.gif小石原へ行った目的は、

もちろん、7月28日に実施する小学生校外体験学習(陶芸体験)の下調べです。


①「小石原焼伝統産業会館」へのアクセスと所要時間の確認
②どんな施設なのかの確認
③近隣の遊び場や、お弁当を食べる場所が確保できるか などなどの目的がありました。


ところが・・・

現地に到着したのが、夕方の5時20分くらいだったでしょうか...

5時閉館。( _ _ )........o


一足遅くて館内の見学はできず残念でしたが、所要時間も把握できたし、場所もわかったので、まぁよし!としましょう。筑紫野から杷木まで高速で約30分、杷木から下道で小石原の現地まで約30分、合計1時間ですね。

e0114015_13454866.jpg館外からでも、施設内が見えるので、ウロウロ歩き回っているうちに、またどしゃ降りに。

仕方ないので、館の隣にある登り窯のところで雨宿りをしていると、
館の勝手口から従業員さんがちょうど出てこられ、

「ん、不審者?」という目で見られる始末・・・ 

内心「違いますよ!何もしてません!」と首を横に振りつつ(笑)、いそいそと車に戻ってきました(^^;

e0114015_13463415.jpg
伝統産業会館、立派できれいな施設ですよ。http://toho.main.jp/densankan.html 


e0114015_14161543.jpgさてさて。

気を取り直して、来た道を引き返し、「道の駅・小石原」に立ち寄ってみました。今、ちょっとした「道の駅ブーム」だそうです!深夜番組の「ドーモ」でも、道の駅巡りしてましたよ。

陶器を見るのも、なかなか楽しいですね。
窯元によって、少しずつアレンジが異なり、作品から個性が感じられます。


さて、道の駅を6時過ぎに出て、次の目的地は、同じ東峰村の宝珠山地区です。

ホタルの観賞スポットとして知られる宝珠山川沿いの「棚田親水公園」に向かいました。

まだ明るくて時間帯じゃありませんから、妻と子は車で休憩、私は棚田が見たくて散策へ。

その頃になると、次第に雨が止んで蒸し暑くなり、ホタルの乱舞が見られる絶好の条件になってました!

宝珠山・棚田親水公園 http://toho.main.jp/sinsuikouen.html


e0114015_14275066.jpgここから川上の方向に歩いていくと、見事な棚田の風景が見られます。日本の「棚田百選」にも選ばれてるだけあって、素晴らしいです。近くにはこんな「めがね橋」もありました。
竹地区の棚田 http://toho.main.jp/tanada.html


棚田散策に夢中になり、気がつけば7時半前、辺りが薄暗くなってきました。公園内のホタル祭り会場で妻子と合流。

気づけば、その付近はものすごい人の数になってました。


ホタルの幻想的な光が、ひとつまたひとつと増え、夜空に舞い上がっていきます。
川上に向かって整備された小道を歩いていくと、無数のホタルの光に出会いました。

感動。夏のクリスマス・イルミネーション!043.gif

飛んでいるホタルを捕まえ、手のひらに乗せ、娘に見せてあげました。
生まれて初めて見たホタルの放つレモン色の光072.gif彼女の目にはどう映ったのでしょうか。


ちょっとおびえながら、そっとホタルに触り、キャッキャ言ってました(笑)


地元の人が「まだあと1週間くらいは大丈夫!」と言ってました。
少し遠いですがオススメスポットです。夜の8時くらいがベストですね。

e0114015_1519664.jpg

棚田親水公園 ホタル情報
http://www.rurubu.com/season/summer/hotaru/detail.asp?SozaiNo=400004

それでは、今日はこのへんで。

[PR]
by ch-imai | 2010-06-08 14:12 | imaism