◆万年山

e0114015_18492070.jpg昨日早朝、大分県玖珠町のシンボル、万年山(「はねやま」と読みます)に登ってきました。
万年山は上下二段のメサと呼ばれる卓上台地でとても珍しく、日本の地質百選にも入っています。(大きなプリンの上に小さなプリンがのっかってる感じ、ですから山頂付近は平原が広がり、ここが山頂!だというのがはっきりしません。)

単独登山、おまけに全く誰一人として登山者とすれ違わずに下山という「完全単独登山」となりました(-_-; 強風で天気もそんなによくなかったからでしょう。

山頂までもう少しというところまで登ってきたとき、事件が発生しました。013.gif

息が切れて立ち止まり、そばの標識に目をやると、「禁猟区」と書かれており、「これって逆に言えば、獣がいるってことやん・・・」と思った矢先のこと。
私の5メートルほど前方の木々の茂みから、いきなり「ガサガサッ!」という何かが動く音が・・・。あれはたぶんイノシシでしょうね、身の危険を感じました。


万年山の山頂は、九重連山や由布岳を見渡せて眺望は最高なのですが、それよりもまた同じ道を下山する恐怖が勝り、あまり喜べず・・・。雲行きも怪しくなってきたので怖さと戦いながらの下山開始です。山頂に転がってた木の棒を振り回し、大声を出しながら、その場所を急ぎ足で通過。中腹の避難小屋まで下りてきてほっとしましたが、獣が出るかもしれないというだけでなく、密猟者がいるかもしれないという怖さもありました。万が一、密猟者が私を獣と間違えて、遠くから銃を向けられてたらどうしようかと。

026.gif今回は、これまでの登山とはまた違った意味で勉強になりました。知らない山に一人で入るのはこういう危険もあるんだなと・・・。登山道入口に車がなかったら、誰でもいいから来るまで待った方が身のためですね、反省しました。みなさんも気をつけてください。



●今回のルートは、登山というよりハイキングコースですが、参考に書き留めておきます。
国道210号から折れ、別荘地や温泉地を抜けるように林道の細い道をひたすら進むと、突きあたりが吉武台牧場の資材置き場でそこが登山口。既に950mほどあるため山頂までの標高差は200m足らずしかありませんし、登山道も整備されているので迷うことはありません。ミヤマキリシマの群生地があり、5月下旬が見頃のようです。

e0114015_18495936.jpge0114015_1850123.jpg万年山登山
(標高1140メートル)

日付:2011年3月20日 
天候:曇りときどき雨
時間:午前6時40分に吉武台資材置き場前の登山口を出発、7時10分登頂成功!(登り所要時間は30分、山頂で休憩5分。同ルートで下山、往復で約1時間10分。)

●大分県玖珠町のサイト
http://www.kusu-shokokai.jp/haneyama.html?showall=1
●参考にした登山ルート
http://gen-yama.net/haneyama070602.html



009.gif今回はいろいろ考えるところがあり、気分一新するために山に登りたくなりました。
気持ちの面でケジメをつけて、新年度のスタートに臨みたいと思います。 

春講まで、あと4日。準備を急ぎます。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

e0114015_1955487.jpg◇ちくしの進学教室 公式ホームページ
◇喋ログ.TV ちくしんスタッフとその愉快な仲間たちが
本音を語る動画サイト。参加者希望者?随時受付中(笑)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
[PR]
by ch-imai | 2011-03-21 18:58 | imaism