人気ブログランキング |

◆もしもロボットが我が家にやってきたら

8月に入りました。
夏期講習会も第2クール突入です。合宿まであと9日!
 

さて、昨日の日曜日のこと。 

ロボット教室の公開イベントが天神イムズで開催されるということで参加してきました。
ゲストは世界が注目するロボットクリエイター、あの高橋智隆先生!005.gif

高橋先生は「未来を変える33人」にも選ばれたヒューマノイドロボット界における革命家であり、テレビでは「情熱大陸」にもご出演されているほどの第一人者。福岡TNC会館内のロボスクエアの顧問にも就任されたそうです。

e0114015_22382118.jpgヒューマンキッズサイエンス・ロボット教室を当塾で開講して4ヶ月が経ちましたが、このロボット教室の監修アドバイザーをされておられるのが高橋先生!ということで、生で会ってお話ができるチャンスということもあり、たくさんのちびっ子と熱心な保護者様で会場内が埋め尽くされました。(ちくしんの塾生親子もご参加いただきました。ありがとうございます。目がキラキラしてましたね。)

034.gif写真はパナソニックの長時間乾電池・エボルタを搭載したエボルタ君。グランキャニオンの崖をよじ登ったり、ルマン24時間レースや東海道五十三次を走破したCMでもおなじみのあのエボルタ君です。高橋先生の作品。


お話も実にわかりやすくスマートでした。ロボットの有用性や近未来のビジョンについても明確なお考えがあり、ところどころにエピソードやユーモアを交えたトークライブは、あっという間に時間が過ぎていきました。

 ・これからの時代は「遊び感覚」が商品を生む
 ・日米のロボットに対する見方(イメージ)の違い
 ・あと15年くらいで生活の中にロボットが入ってくる時代になる
 ・今後求められる人材は、2つ以上の専門を持つ人である
 ・感情(心)を持つロボットを作りたい


個人的には、話の中で特にビビッときたのはこの5点でした。

ただ、何よりも私が印象に残っているのは、ご自分のロボットを紹介されるときの表情が、まるで我が子をかわいがる親のようだったこと。純粋な想いが感じられました。


では、昨日の様子をご覧ください。(2011年7月31日・イムズ10階)

e0114015_2229509.jpg
e0114015_22295964.jpg
e0114015_2230102.jpg
e0114015_22301917.jpg


子どもたちの目の輝き、そして真剣に聞く表情。
こういう機会って、大きな「きっかけ」になるのかもしれません。

高橋先生が「高橋少年」だった頃、
鉄腕アトムにあこがれ、故・手塚治虫さんに会ったときのように。


なんか妙にうまくまとまりました(笑)
 
では、今日はこのへんで。006.gif


ロボット教室・高橋智隆先生
http://www.athuman.com/robo/takahashi.html

動画・しゃべろぐTvに2つアップしましたのでご覧ください。
高橋先生の代表作品、エボルタ君とロピッドです。
http://www.chikushin-smile.jp/shabelog/index.html


e0114015_2240594.jpgかわいいロピッドとのツーショット写真です。

高橋先生とのツーショットはありません(^^;

アニメの世界が現実になる日もそう遠くないかもしれない、そう思いました。
でも、そうなったら、人間はどうなるんだろう、そんなことも思った昨日の公開イベントでした。


 


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

e0114015_1955487.jpg◇ちくしの進学教室 公式ホームページ
◇喋ログ.TV ちくしんスタッフとその愉快な仲間たちが
本音を語る動画サイト。参加者希望者?随時受付中(笑)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
by ch-imai | 2011-08-01 22:48 | ちくしんドキュメント