人気ブログランキング |

◆塾の個性



夏のお問い合わせをいただく時期になりました。


いよいよ来週から6月!ということで、
塾や通信教育の折込チラシが増えそうですね...



034.gifで、ちくしんのチラシは?と言いますと、

やはり、と言いますか、
案の定、と言いますか、

毎度のことですが、今年も出遅れてます(苦笑)



ま、そうは言っても、

うちは大手でもFCでもありませんので、
何回も何回も広告チラシを入れられませんからね、

6月の後半くらいでいいと思ってます。


・・・というか、

実際のところ、
チラシを作る時間がないだけかも。037.gif





塾には「個性」があります。

人と人に相性があるように、
ご家庭と塾にも相性があるのです。


特に個人塾の場合、それがリスクでもあり、強みともなるわけですが。


ですから、

塾選びで一番大切なことは、
塾の個性、先生の個性を知っていただくことだと思います。
045.gif





今年の2月でしたか、
春チラシに私たちが掲げたメッセージは、


私たちがめざす塾は、塾生一人ひとりと心が通い合う「強い塾」です。


という一文でした。
ここに理念と目標が集約されています。


そして、以下の4本柱は、
特に大切にしてきた「ちくしんの個性」です。


そのときのチラシ記事をそのまま抜粋します。

塾選びの際の指標にしてもらえれば幸いです。



1 合格を科学する

「ちくしんは入試に強い」とのお声をいただくようになりました。安定した塾生合格率の高さとギリギリのライン上にいる子を合格に導く指導力、このあたりを地元の皆さまにご評価いただいてのことと存じます。

本番で崩れない秘訣は、難しい問題を解くチカラではなく、実は「基礎」「基本」にあります。何事においても、基本となる「型」があるように、まずは全教科バランスのとれた基礎固めが肝心。この土台を整える作業は、入試直前においても、傾向と対策を進めるのと同じくらい重要な学習であると位置づけています。そのうえで上位校になればなるほど、科目横断的な総合力、問題を見抜く力、得点を落とさない注意力等が必要条件となってくるのですが、まずは「みんなが取っているところで落とさないこと」が絶対条件なのです。もちろん、受験校選びや併願作戦も重要な要素です。受験生本人の意思とご家族の想い、模試等の客観的データとを照らし合わせたうえで、最適な受験校をご家族とともに探していきます。

もうひとつ、合格を勝ち取るうえで大切な条件は、受験生自身のメンタル面の強化と生活習慣・学習習慣の改善です。習熟度別の集団授業であるからこそ、一人ひとりの違いや温度差がくっきりと浮かび上がってくると言えるかもしれません。面談や授業外の時間を活用して、個別の質問対応や声かけを行い、よりよい方向へと軌道修正していきます。「一人残らず合格!」、ちくしんは本気です。



2 努力を応援する

目標に向かって地道に頑張れる人を育てること、これは当塾が最も大切にしてきたことです。当塾のスローガン「笑顔でがんばれ」も、それを端的に表したメッセージに他なりません。

今のように変化が激しい時代においては、ついつい目新しいものに飛びつきやすく、また、スポーツや芸能においても華々しい部分ばかりがクローズアップされがちです。それに比べて、確かに、勉強は地味かもしれませんが、それは学生である以上、常に中心においておくべき対象ですし、いずれは大きなテストや入試が待ち構えています。現実から目を背けず、勇気を持って選び、そして選ばれる人であってこそ道は拓けます。まさに、子どもたちの世界も世の中の縮図です。

努力とは目標を意識した継続的な「準備」とお考えください。子どもたち自らがそれに気づき、努力を継続できるように、私たち講師陣はトコトン子どもたちに付き合い、ヤル気を引き出すことに力を注いでいます。ときには心を鬼にして厳しく接することもありますが、一人ひとりの表情をしっかり見て、状況や性格に合わせた声かけを実践しています。

本気になって頑張った体験は、成功も失敗も含めて、必ずや人生の糧となると私たちは信じています。お預かりした塾生の学力と人間力の両輪を高め、次のステージへと送り出す、それが根幹にある指導理念です。泥臭くてもかまわない!一生懸命はカッコいい!「努力」は人生を変えていきます。



3 授業を大事にする

塾は受験テクニックを教えるところだと思われがちですが、必ずしもそうではありません。私たちが授業の指導で大切にしていることは、「へぇー!」や「おっ!」というシーンを演出し、子どもたちの知的好奇心を育むことです。勉強は脳にインプットするときの刺激が大切、やはりメリハリやストーリーがあった方が刻み込まれます。

本来、知識を深く学ぶことや想像力を働かせることは、人間にとって楽しいことです。一方通行の授業にならないよう、双方向性のある授業を心がけ、正解にたどりつく道筋を一緒に考えていきます。

「授業がおもしろい!」という塾生からの声は、私たち講師にとって最高に嬉しい言葉です。当塾では、一日の授業後に、その日の記録を残すため「学習記録表」を書いてもらっていますが、これは塾生の理解度を私たちが知るためだけでなく、授業担当講師に対する生徒からの授業評価を兼ねております。一人ひとりのコメントや記録に目を通し、講師が確認していく作業を毎日繰り返しながら、授業の質の向上に努めています。

また、集団授業の効果を最大限上げるために欠かせないのが、クラスの一体感と競争心です。集中して楽しく学べる環境、切磋琢磨する雰囲気を大切にしています。ですから、当塾は「聞く姿勢」と「学習態度」に関しては口うるさい塾だとお考えください。そこを矯正しなければ、いくら塾に通っていただいても学校の通知表は上がりませんし、そもそも、ヤル気のある子の意欲を阻害していることに気づかないような身勝手な人になってしまうからです。



4 ホンモノを体験する

経験値やモチベーションを高めるため、当塾では、授業以外にも工夫した取り組みを実施しています。具体的には、小学部の校外体験イベントを始め、他塾との合同合宿・合同模試、学校説明会、先輩との対談会、予備校一流講師による公開授業、理科実験イベント授業、受験生早朝特訓等、さまざまな角度から刺激を入れながら、学力向上を図ります。

「百聞は一見にしかず」、机上の勉強だけが学習ではありません。こういった体験が心を動かし、きっかけを生み出すことも多いものです。知識や教養の幅を広げ、活用力を磨くことにつながりますし、講師と塾生との信頼関係を深めることにも一役買ってくれます。また、「ホンモノ」にこだわるという点では、オーストラリア・ホームステイやロボット教室などもこれに当たりますし、当塾最大の特徴であり強みでもある教務面に関して言えば、どの学年・どのクラスにも、塾長を含め、責任ある社員講師を配置していることからもおわかりいただけるのではないかと思います。

なお、塾生以外の子どもたちも自由に参加できるオープンな企画として、各種検定や宿題勉強会、学力コンクール、月曜算数教室、さらに上記の校外体験イベント等があり、地域の皆さまにご好評をいただいております。また、保護者様向けの企画としては、セミナー(保護者会)や授業参観の機会を設けております。「塾だからできること、ちくしんだからできること」を楽しく、真面目に、そして感謝の心を持って、これからも取り組んでまいります。




いよいよ6月。
ちくしん14期目です。

心機一転、夏に向けて、頑張ってまいります。



それでは。


e0114015_22384349.jpg



◆夏期講習案内各コース日程表はこちらです。(クリック!)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

e0114015_1955487.jpg◇ちくしの進学教室 公式ホームページ
◇喋ログ.TV ちくしんスタッフとその愉快な仲間たちが
本音を語る動画サイト。参加者希望者?随時受付中(笑)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
by ch-imai | 2014-05-31 22:43 | ちくしんドキュメント