人気ブログランキング |

◆附設中入試結果



2015年の久留米附設中入試結果をざっと見てみると、
国語と算数が易しめ、社会と理科の難化が顕著に出ています。


特に理科がぐっと難しくなっています。

平均点が恐ろしいぐらい低い。
(昨年の60点から今年は35点に...)




また、もうひとつ書き留めておきたいのは、

年々、女子の「志願者数」が増えているということ。
(今年の志願者数の男女比は約6:4です)

したがって、定員に対する志願倍率は上がってきています。




しかし一方で、

他校に進学する人数も多くなっており、
実際のところは「合格者数」も増えてきています。


つまり、附設に合格しても他校を選ぶ生徒も増えています。


男子校だった時代と比べると、
附設への入学率が少し下がっていることがわかります。






データをご紹介しますね。


まず、附設中の定員は、
2013年から160名(10名増)です。


5年ほど前まで合格者数は180名程度で推移してましたが、
今日の合否通知発送時点で、今年の合格者数は222名です。


ちなみに、昨年は221名、
共学化元年の一昨年は199名でした。





このような合格者数の背景には、

定員が若干増えたこともありますが、


男女共学化、特に女子の入学校選びに関して、
ご家庭の考え方の変化等が考えられます。



福教大附属中との関係(近年は同一日)もありますが、

もし仮に数年前のように、別日入試だったなら、
もう少し附設も合格者数を増やさざるをえなかった、かなと。







さて、早速、今年度入試関連の速報データを頂戴しました。


2015年久留米附設中入試(附設発表)

志願者数  645名(男374・女271)

合格者数  222名

総合平均点  合格者平均311点 受験者平均258点
合格最低点  279点(500点満点)

教科別平均 
・国語   合格者平均101点 受験者平均92点
・算数   合格者平均104点 受験者平均80点
・社会   合格者平均 60点 受験者平均51点
・理科   合格者平均 46点 受験者平均35点








このデータを書き終える頃までに、
嬉しい報告が聞けることを心待ちにしてましたが、

先程、全員結果が判明し、残念ながら不合格でした。





あと一歩、届かなかった...


もう1問、
取らせることができていれば...


悔いがないといえば、嘘になります。





悔しい。





ここまで快進撃を続けてきた小6受験ONEでしたが、
九州最高峰の難関附設の壁は高かった。


まだ気持ちの整理がつきません...

きっと、あの子たちも...



福教大附属中の合格発表もまだ先ですし、
今日は中3私立専願入試も実施されています。


切り替えていかないと...






年明け早々から始まった20日間の受験戦争!

あの子たちと過ごした濃密な時間、
そろそろ一区切りつけなければいけません。



寂しくなりますね。



個性派ぞろいで勉強を楽しめるいいメンバーでしたから。









小6のみんなへ 附設は先生の力不足でごめん。

最後の最後に、またひとつのチームになって入試に挑んでくれたこと、
友達を応援する優しさを持ってくれたことが先生は嬉しかった。


みんな、よく頑張った。


ありがとう。








【追記】(1年後)2016中学入試、附設合格V!




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

◆ちくしの進学教室ホームページ ただいまサイトリニューアル進行中...
◆喋ログ.Tv ちくしん動画サイト。学習イベントや授業風景など。
◆公式Twitter つぶやきレベルはツイッターで!フォローお願いします(^^;

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
by ch-imai | 2015-01-27 15:54 | ちくしんドキュメント