人気ブログランキング |

◆作文の隠し味



小学生、作文ウィークです。001.gif


2か月ごとに専門の作文協会に提出、
個別に添削と評価を受けています。



高い評価をもらえた塾生は「作文の達人」に(勝手に)認定!

教室に掲示したり、塾報で紹介したりしてます(^^;




ちなみに、中学生は年に3回実施、
一昨年から国語の公立高校入試を意識したものに変更しました。


◆ちくしん小学部
http://www.chikushin-smile.jp/shogaku.html

◆中学部の作文添削指導
http://chikushin.exblog.jp/21594678/




この作文添削指導は、
小・中学生全員を対象が対象です。


開塾2年目から始めました。


034.gif総合的な国語力を見るには、やはり作文がもってこいなのです。



大学入試においても、
特に推薦入試では小論文が課されるケースが多いですよね。

社会科や理科でも、記述式解答が増えてますよね。


そういうことなのです。








さて、作文力を上達させるには、

出来上がった作文を読み比べることが良い方法に思います。 013.gif



これはとてもいいですね。



それも各自バラバラではなく、全員が同じテーマで書く、

このことによって、
新たな気づきや発想が芽生えるように思います。








056.gifさて、では本題へ。


「文章を作る」ときって、
何を大切にすればいいのでしょうか。





もちろん、これは状況によります。


例えば、

テストなら採点を意識して書く必要があるし、
小論文なら論理性を大事にしたうえで主張すべきでしょう。


また、仕事(業務上)の文書作成なら、
極力シンプルに、かつ、漏らさず書く必要がありますね。


相手が幼い子どもの場合は、ひらがな多めで書いてあげたり、
高齢者の場合は、文字を大きく書いてあげたり...


同級生や後輩なら失礼のない程度のタメ口でよくても、
先輩に書くなら、やはり敬語を使うべきでしょう。


フォーマルな文章はそれらしい文体と書体で、
そうでない場合は、形式にとらわれなくてもいいでしょう。



ま、誰にも見せない日記なら、

自己満足ですので何でもいいですけどね(笑)






このように、改めて考えてみると、


「作文」と一括りに言っても、

いわゆるTPOだということがわかります。

※ビジネス用語になるのかな(^^;
TPO=Time(時),Place(場所),Occasion(場合)






相手を想定して、言葉を選ぶこと。

状況に合わせて、文章を作ること。




文章作成能力とは、
こういった要素が求められます。


一言でいえば、「思いやり」でしょうか。001.gif






私も文章を書くことが多いので、実は、勉強してます(^^;


具体的には、注意点がたくさんあって、
ストレスなく読んでもらえる文章を作るには、
それなりのテクニックが必要になってきます。




「思いやり」という隠し味を散りばめながら、

最適な言葉を選び、紡ぎ、
一文、一文大切に、書き進めましょう。




作文力は一生のチカラになります。

塾生諸君、頑張ってくださいね!




それでは。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

◆ちくしの進学教室ホームページ 新サイト完成!パワーアップしてます。
◆喋ログ.Tv ちくしん動画サイト。学習イベントや授業風景など。
◆公式Twitter つぶやきレベルはツイッターで!フォローお願いします(^^;

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
by ch-imai | 2015-11-12 14:57 | ちくしんドキュメント