人気ブログランキング |

◆いい本と巡り合えた幸せ





少し前、こんなことを呟いてました。013.gif







今日、鹿児島のラ・サール説明会に行ってきたのですが、
(この件は後日ブログに書きます、情報量が多いので...)
帰りの新幹線に乗る前、鹿児島中央駅横のアミュプラザの書店でゲットしました。



e0114015_00352771.jpg





森先生の本で選んだのは、幻冬舎新書の『孤独の価値』です。




では、「まえがき」の最後の3行をご紹介しましょう。

人生には金もさほどいらないし、またそれほど仲間というものも必要ない。一人で暮らしていける。しかし、もし自分の人生を有意義にしたいのならば、それには唯一必要なものがある。それが自分の思想なのである。


「自分の思想」って何だろう?ってなりますね。045.gif





新幹線の車内で半分ぐらい読みましたが、
「孤独は怖くないよ。一人の時間、静かな時間を大切に!」
というようなことが森先生らしいテンポで論理的に書かれています。


今のところ、自分の思想について明快な答えは出てきません。





今から残り読んじゃいます。

では今日のラサール校舎から見た雄大な桜島の写真でおしまい。006.gif


e0114015_01503855.jpg









追記;今日、こそっと嬉しかったこと、2つ。


今日の入試説明会で国語の先生がおっしゃられていたことが、
この前、ブログに私が書いてたこととドンピシャだったので驚きました。

(そういう意味でも森先生の文章が入試で使われることが多いのも納得!)




以前、「ひとりの時間」というブログ記事を書いています。
森先生の本に同じようなことが書かれてたので勇気もらいました(^^;








by ch-imai | 2016-10-31 01:19 | imaism