◆学校選びに絶対の正解なんてない。



右側のプロフィール画像、変えました(笑)→
きっと気付かれた方はよくアクセスしてくださってる読者様ですね。毎度ありがとうございます。







029.gif さて、心機一転!

今日から11月です。


11月と聞いただけで、なんかジワっと手に汗が...
いろんな意味で焦りますね、私も(^_^;)



受験校選びが今月の最大テーマになるでしょう。



どの学校を受験するかを選ぶときに、合格の可能性を探るのは当然ですが、
幸いにして合格できた後のことも視野に入れて学校選びをしていきますよね。


でも、正直、これを考え始めるとキリがない。026.gif


100%絶対正解なんてものはなく、
いくら考えても自問自答ループは続きます...
あくまでも相対的なもの、それも予測に過ぎませんからね。


その学校に合う合わないという観点も憶測であって、
どこに行こうと、実際行ってみると、
多少なりとも「思ってたのと違う(隣の芝は青く見える状態)」というのは起こります。


ですから、どの学校に行こうと、
結局は「郷に入れば郷に従え」で自分から合わせていく柔軟性が必要です。





034.gif と言いつつも、

一方でやや逆説的になりますが、

ご家族を含め本人に「ブレない軸」のようなものがあれば、
どこに進学しても結局は自分次第なわけですから、
必要以上に学校選びで情報に左右されることもないのでは?とも思います。





というようなわけで、

学校選びに100%正解はないとも言えるわけなので、
あまりに考え込みすぎると親の方がノイローゼになっちゃいます。


お子様が悩みながらも自分なりの結論を出す成長過程を見守ってあげてください!



スパっと結論が出る類のものではありませんが、
(最後の最後、出願するギリギリまで悩むものです)
ご相談は随時承っておりますので前に進めてまいりましょう。



ただし、「いきなり今から」は少々困ります。027.gif

事前のご連絡なく、いきなり来ていただいても、
いきなり出てきた答えしかご用意できないこともありますから。



熟考する猶予を1日ください。040.gif



それでは。




[PR]
by ch-imai | 2016-11-01 12:35 | ちくしんドキュメント