人気ブログランキング |

格付け

『ミシュランガイド東京2009』には、173店舗の☆つきのお店が紹介されるらしい。
そのうち、3つ星レストラン☆☆☆は、9つあるだそうだ。
2年連続で、「東京は世界で最も☆の多い都市」という栄冠?を勝ち取ったことになる。「食の都☆東京」に、今後さらに注目が集まるであろう。

どうして、フランスのタイヤ会社であるミシュランが、食のガイドブックを作っているのか、興味のあるところだが、ま、それはおいといて。
ミシュランの調査員は、フツーに入店しフツーに食事し、フツーに支払いをするのだと何かで聞いた。調査員だとバレないように、一般客と同じように、その店での時間を楽しみ、一方で厳しい目でチェック項目を審査しているのだそうだ。
豪華な外食が毎日続いていいなぁと思ってしまう反面、家でゆっくり食事したいというときもさすがにあるだろうな・・・とも思う。

前回のミシュラン東京の売れ行きのすごさ、日本人の反応のよさ(良すぎる)は、その国民性を表しているとも言える。
評判を気にする日本人、権威に従順すぎる日本人、熱しやすく冷めやすい日本人。そういう国民性を合わせもつ日本人にとって、こういう「格付けガイド本」というのは、購入意欲をかきたてるには、まさにうってつけなのだろう。(私も東京にいれば、購入者の一人になったかもしれない。)


少し話は変わるが、
企業の格付けと言えば、ムーディーズ。経営面や将来性に対して第三者的な目で評価しながら、その企業に対する期待度を示す。☆印が何個という形ではなく、AAA(トリプルエー)というような示し方をしている。その評価に連動して、株価も動くというすさまじい世界。。。

今日の結論。
学習塾の業界にも、ミシュランやムーディーズのような格付けをする企業が出てきたら、大変だけどおもしろくなりそうだな!と思った私がいた、というお話。 〔今週もお疲れさまでした。〕



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

e0114015_1955487.jpg◇ちくしの進学教室 公式ホームページ
◇喋ログ.TV ちくしんスタッフとその愉快な仲間たちが
本音を語る動画サイト。参加者希望者?随時受付中(笑)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

『ミシュラン福岡』とか、『なんたら筑紫野』とかあったら、それはそれで楽しいでしょうね。フリーペーパー系の地域情報誌も手軽でいいですが、そういう地域のお店の格付けガイド本があれば、お金を出してでも買いたい人って、案外たくさんいるんじゃないでしょうか。
(やっぱり、問題は、誰が格付けすれば消費者もお店も納得するか・・・ですね。)


e0114015_11293166.jpg
これ(ダルマ)をクリックすると、冬講特設サイトへジャンプします。
by ch-imai | 2008-11-22 19:52 | imaism