人気ブログランキング |

2008年 09月 13日 ( 1 )

社会科の学習

私は、「社会科」って、どの教科よりも「正直な教科」だと思ってます。
誰にもチャンスが平等に与えられている教科なんじゃないか・・とも思います。

社会は、その子どもの頑張り度がストレートに得点に反映されやすく、
ある意味では、それが「努力型の子どもたちの気持ち」を救っているとも言えるんですよ。


最近の私立高校の入試等では、社会や理科の試験がなくなってきているところもありますが(つまり3科型の受験)、その方が教科数が減って楽に感じる受験生もいれば、
逆に、それによってストレスを感じる受験生もいるわけです。社会を得意にしている子ども、結構、うちの塾では多いので、私としては残念ですね・・。(おまけに対策授業もやりにくい。)

数日前のブログにも少し書きましたが、全国学力調査の結果を見ていると、
アンケート項目の中に、子どもたちへのこんな質問がありました。

「国語の勉強は好きですか」 
(約55%の小中学生が好きな方に回答)
「数学(算数)の勉強は好きですか」 
(小学生の約65%、中学生の約55%が好きな方に回答)

直球勝負な質問でビックリですが、これに加えて、社会とか他の教科もあったら、面白かったのに・・・と思いました。いったい何%くらいなんでしょう?興味ありますね。

先週の土曜日から、中3EST(土曜日の社・理確認テスト)が始まりました。
テキストで範囲を指定しその中からテストを作成しています。範囲がわかっている、誰でもやればできるテストなんです。さて、今日、第2回の結果はどうでしょう。

2学期に入って、二日市中の中3生が特にやる気あり!いい感じです。
塾のある日もない日も、いつも来てます。昨日は、二中のこの子たちに、1人ずつ面談をしながら県模試の結果を返却しました。真剣な眼差し、鋭い質問、少しこちらの方が驚きでした。
この子たち、早くもこの時期から、かなりの本気モードに入ってる・・・!!
他の子たちには、今日、県模試の結果を返却してます。やる気につながるといいですね。

勉強は本来楽しいものですが、受験は厳しいものです。1点勝負の厳しい世界、どうしても勝ちたいと強く願うなら、それなりの行動として必ず表れてきます。みんながその気になるよう、そういう世界を作っていくのも私たちの役目です。


e0114015_17381611.jpg☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
   ちくしの進学教室 公式ホームページ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

中2のみんな、修学旅行のお土産、ありがとう。
鹿児島どうやった?(桜島すごかったでしょ!)
by ch-imai | 2008-09-13 18:11 | ちくしんドキュメント