人気ブログランキング |

2012年 12月 04日 ( 1 )


今年の師走がいつも以上に慌しく感じるのは、
やはり、「総選挙」が待ち構えているから、なのでしょうね。

12月16日の投票日に向けて、各党・各立候補者の選挙戦が始まりました。

034.gif焦点は、消費税、原発、景気対策、外交あたりなのでしょうが、教育や子育てに関する各党のマニフェストを比較してみたいなと思いまして、読売オンラインから情報を拾ってみました。断片的に、ですけど。また、このサイトには教育関連のマニフェストが省略されている政党もありましたので、各政党のホームページへ飛んでいけるリンクをはりました。(急展開で政党数が増えましたので、党と、党代表の顔とが一致しないくらいの状況です..(^^;)


では、どうぞ。ご参考まで。

民主党 「動かすのは決断。」
http://www.dpj.or.jp/special
幼保連携型認定子ども園や小規模保育などへの給付制度を着実に実施
▽14年までに「子ども家庭省(仮称)」の設置について結論
▽いじめ防止のための措置について法制化
▽教職員の数を増やし、少人数学級を着実に推進
▽地方教育行政法を見直し、現在の教育委員会制度を見直す

自民党 「日本を、取り戻す。」
http://special.jimin.jp/
「教育を、取り戻す。」(教育再生) 6・3・3・4制を見直し、多様な選択を可能とする「平成の学制大改革」を行う
▽高校在学中に何度でも挑戦できる達成度テストの創設などを行い、大学入試を抜本的に改革
▽大学9月入学を促進し、高校卒業から入学までの半年間を活用した大学生の体験活動の必修化や、評価・単位化を行う
▽首長が議会の同意を得て任命する「常勤」の「教育長」を、教育委員会の責任者とするなど、教育委員会制度を抜本的に改革
▽いじめ防止対策基本法を成立
▽教科書検定基準を抜本的に改善し、近隣諸国条項も見直す
▽教師インターンシップを導入

日本未来の党 「だれもが希望を持てる未来を。」
http://www.nippon-mirai.jp/
▽子ども1人当たり中学卒業まで年間31万2000円の手当を支給し、一部は「子育て応援券」(バウチャー)とする
▽高校授業料の無償化などを堅持
▽いじめ撲滅に向け小・中学生への「心の教育」を実施

共産党 「提案し、行動する。」
http://www.jcp.or.jp/
▽児童相談所の拡充など「いじめ」への体制整備
▽全国学力テスト中止
▽高校、大学の段階的無償化
▽給付制奨学金創設

みんなの党 「闘う改革。みんなの党」
http://www.your-party.jp/

公明党 「7つの日本再建」
http://www.komei.or.jp/campaign/nipponsaiken/

社民党 「生活再建」
http://www5.sdp.or.jp/

日本維新の会 「日本を変えよう!今こそ維新を!」
http://j-ishin.jp/
▽保育の成長産業化(例)
〈1〉保育バウチャー制度の導入
〈2〉保育産業の新規参入規制の撤廃と規制緩和
▽教育委員会制度の廃止を含む教育制度改革

国民新党 「日本再起動」
http://www.kokumin.or.jp/

新党大地 「北から!南から!日本を再興します!」
http://www.daichi.gr.jp/

新党日本 「さぁ、信じられる日本へ」
http://www.nippon-dream.com/

新党改革 「世界に誇れる日本へ!」
http://shintokaikaku.jp/
▽幼稚園、保育園の増設と無料化
▽中高一貫教育制度の導入推進


政権の枠組みがどうなるのか、第3勢力がどこまで議席を獲得するのかしないのか、今回の選挙は、日本が、そして日本人が試される選挙であると言えます。


選挙に行きましょう!大切な一票を入れましょう!

塾生のみんなも有権者になったつもりで考えてみてくださいね。 
以上、社会科講師からのご提案でした。001.gif



by ch-imai | 2012-12-04 15:38 | ちくしんドキュメント