人気ブログランキング |

2014年 07月 01日 ( 1 )



忘れないようにコピペしておきます。009.gif




塾の費用、透明化を… 国の有識者会議が指針案

読売新聞 7月1日(火)10時31分配信


文部科学省と経済産業省の有識者会議は30日、塾や語学教室など民間教育事業者に、実際にかかる全費用や講師の指導歴といった情報の公開を求める初の指針案をまとめた。

想定しているのは、塾や語学学校、音楽教室、書道教室、そろばん教室、カルチャーセンターなど。入塾や入会時に実情がよく分からず、思ったより費用が高額だったり、期待したサービスを受けられなかったりするケースがあるため、指針を作ることで透明性とサービス向上を図ることにした。

指針案では、〈1〉入学試験、資格・検定の合格率と、その計算方法 〈2〉入会者のほぼ全員が参加する発表会の費用や追加講座の費用など、支払う可能性のあるすべての費用 〈3〉学習塾の担当講師が専任なのか学生アルバイトなのかといった立場や指導歴に関する情報――を例示した。文科省などは業界団体の会合で周知を図り、各事業者の自主的な情報公開を促す。国民生活センターによると、2013年度に同センターなどに寄せられた苦情は学習塾が1602件、外国語会話教室が950件だった。





教育サービス業界全体として、
もっと透明性を高めなさい!ということでしょう。



そのうち、何か通達でもあるのでしょうか。



ま、それはさておき、

費用面、合格率、講師のキャリア公開等、

正直な情報公開という点において、
ちくしんは今のままで問題なさそうです。


どっちかというと、情報の漏れ過ぎという声が聞こえてきそう。044.gif



実際、このようなクレームに近いご意見は、ほぼゼロです。

(というか、開塾以来、本当にありません)


13年間、塾とご家庭との約束事として、
ここは筋を通してきたというか、
細心の注意を払い、誠実にやってきた自負があります。



しかし、苦情に至らないまでも我慢されてる方もおられるかもしれませんし、常に、このあたりは気に留めておくべきことだと思います。



お金のことでギクシャクするのが一番嫌ですからね。 



これからも見えにくい部分の「見える化」を図っていきます。 


明日からの授業参観もその一例です。
ご参加ご見学、お待ちしてます。





関連するところで、

オプション講座について一言。



勉強合宿や校外イベント等のオプション講座も、
ギリギリまで安くできるようにと考えてます。

はっきり言ってしまうと、

企画によっては採算ラインを割り込んでます..


赤字覚悟、です(苦笑)




でもですね、

例えば、
受験生の勉強合宿なんかは、


「全員連れていきたい!!」


これが本音です。


本当は、保護者様にも、こそっと見にきてもらいたいくらい、
それくらい感動的で劇的で素晴らしい瞬間の数々..


ゾクッとします。




一生に一度、
非日常の価値ある時間。


あの「熱」を体験したか否かは大きな差となります。


勉強に取り組む姿勢が違ってきますし、
今までの自分を反省する機会にもなります。

また一方で、自信を持てるチャンスにもなる、それが合宿!



「全員合格」を手繰り寄せるには必要な試練とも言えます。017.gif





でも、お金がかかることです。

強制にはできません。


我々の立場からいえば、
ぜひ参加してください!とお願いするしかありません。



ですから、

お金を頂戴する以上、

ご期待以上の最高のものを作り出したいと思ってますし、
また、塾生には、「親心に感謝しなさい」と話しています。





034.gifオプション制の講座については、

①ご負担いただく費用を抑える ②早めの伝達 ③有効性と期待感
この3つがそろって初めて実行に移しています。 



基本的な当塾のスタンスとして、ご理解の程、お願い申し上げます。




ちなみに、今夏の2泊3日勉強合宿は、¥31000に消費税です。
現在、スケジュール等の最終調整中です。




以上、短くまとめるつもりが、結構、長くなってしまいました(^^;





久しぶりのブログ更新になりました。

毎日、時間に追われてます。
ご容赦ください。




いよいよ7月ですね!

今日、結婚記念日でした..(汗)



それでは。001.gif



e0114015_18293924.jpg

by ch-imai | 2014-07-01 18:30 | ちくしんドキュメント